金沢で最高の女子旅を。また訪れたくなる金沢の別邸ホテル【金沢 彩の庭ホテル】

出典:じゃらん

「金沢」といえば、女性同士での旅行者も多く、近年人気が高まりつつある注目のスポットです。

2015年3月に北陸新幹線が開通したこともあり、都心から金沢へのアクセスも便利になりました。

 

「仲のいい女性友達・同僚を旅行したい!」

「海外旅行は厳しいから、国内でオシャレな観光地にいきたい!」

「普段頑張っている自分へのご褒美として、たまにはふらっと一人旅をしてみたい!」

 

そんな方々にはぜひ、旅行先として金沢をオススメいたします。

 

兼六園の美しい風景を楽しんだり、近江町(おうみちょう)市場でグルメを巡る旅もよし。

金沢21世紀美術館で芸術に触れることも出来ますし、ひがし茶屋街で古くから保存されている街並みの風情を楽しみながら、さまざまなスイーツを楽しむことも出来ます。

 

そこで、金沢へ訪れた際にオススメしたいホテルが
「金沢 彩の庭ホテル」

 

金沢をアクティブに楽しみたい方、のんびりと楽しみたい方、さまざまな方にご満足いただけるホテルです。

 

大手宿泊予約サイト「じゃらん」の「泊まってよかった宿大賞」でも連年アワードを受賞するほどの素晴らしいホテルです。

「楽天トラベル」や「TripAdvisor」の人気ホテルランキングでも上位入賞し、確かな実績を持っております。

 

数々の宿泊客に認められた金沢自慢のホテルの魅力をご紹介いたします。

 

⇒ じゃらんでご予約される方はこちら

⇒ JR / 航空券とあわせてご予約される方はこちら

⇒ 楽天トラベルでご予約される方はこちら

⇒ 一休.comでご予約される方はこちら

⇒ エクスペディアでご予約される方はこちら

⇒ agodaでご予約される方はこちら

 

金沢彩の庭ホテルの口コミチェック

金沢彩の庭ホテルは、下記の点が各予約サイトの口コミで話題となっております。

 

「金沢駅からホテルまでは少し離れているが、徒歩でも移動出来る距離で、無料バスも運行しているので便利だった」(20代女性)

 

「観光で金沢を訪れたので、駅近くにある宿泊者専用のロッカーがすごく便利だった」(40代女性)

 

「お風呂上がりにパブリックスペースで雑誌を読んだり、中庭を眺めたりと、存分にくつろげた」(50代女性)

 

「家族での利用だが、部屋は贅沢なほど広かったので気にせずのんびりできた」(10代男性)

 

「大浴場もあるが部屋のお風呂も広くて綺麗、ブッフェスタイルの朝食も種類が多く文句無し」(40代女性)

 

「女子旅プランでアメニティや入浴剤が数種類いただけて嬉しかった」(20代女性)

 

「ホテルスタッフの対応が丁寧で、少し身体が不自由なことを事前に伝えたところ、心地よく対応してくれた」(40代男性)

 

「ホテルでの夕食は無いが、駅付近の美味しい飲食店を案内していただき、駅へ向かうバスもあるので気にならなかった」(40代女性)

 

金沢彩の庭ホテルまでのアクセス

金沢駅からホテルまでは徒歩でも可能な距離ですが、30分毎に送迎バスも運行しております。

 

【電車でお越しの方】

・JR金沢駅より徒歩で約15分
・JR金沢駅よりタクシーで約5分
(駅とホテル間の送迎バス有り)

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【送迎バス時刻表】

 

【車でお越しの方】

・金沢東IC/西ICより車で約10分

 

【空港からお越しの方】

・小松空港より車で約40分

 

「金沢の別邸」には美しき4つの庭があり

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

彩の庭ホテルのコンセプトは「金沢の別邸」であり、上質な空間・上質な時間を体験出来るホテルです。

 

彩の庭のホテルの特徴は、ホテル敷地内に4つの「庭があること。

 

エントランス脇の豊かな緑で出迎えてくれる「森の庭」から始まり、敷地を横切る「川の庭」でせせらぎを楽しめます。

坪庭がイメージの「中の庭」では訪れた金沢の町家を思い起こさせ、湯上りには「山の庭」で兼六園かのような美しき風景を楽しむ…。

 

水と緑に囲まれた各庭園の傍らで過ごす時間は、他のホテルでは体験出来ない、落ち着きのある癒しを与えてくれます。

四季折々でさまざまな彩りで飾られる庭園は、何度訪れても新しい発見が楽しめます。

 

出典:じゃらん

 

 

まずは「工芸回廊」で金沢の工芸品を鑑賞

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

客室を訪れる前にまず楽しんでいただきたいのが、ロビーやラウンジ、各客室階に飾られているデザイン性豊かな作品の数々。

金沢の工芸工房とのコラボレーションである「工芸回廊」は旅の思い出を飾り付けてくれます。

 

彩の庭ホテルを訪れた宿泊客が、気軽に金沢の工芸品を楽しめる機会でもあります。

 

また、若手工芸家たちの知名度アップや販路確保にも役立っている、地元金沢を想う彩の庭ホテルならではの工夫が見られます。

時間があればぜひ、彩の庭ホテルで金沢の工芸品を巡る旅もいかがでしょうか。

 

多様な客室は和とモダンの融合で満足の癒し

彩の庭ホテルを訪れたすべての方が快適な宿泊となるよう、客室内の随所にも工夫が見られます。

 

廊下から室内へと入る際、まず引き戸を開けた先に部屋のドアがあり、さっそく細かい和の趣を感じられます。

 

客室の種類は10以上の種類があります。

十分でありながらシンプルであるベッドのみのお部屋や、ベッドスペースと畳スペースも設けられた和洋室タイプのお部屋。

最大7名まで宿泊可能なお部屋や、少しロマンティックなビューバスのお部屋というのもあります。

車椅子や体が不自由な方のためのバリアフリーのお部屋もありますのでご安心ください。

 

寝心地の満足度を高める為、有名なベッドメーカーのシモンズ社のベッドや、和洋室のお部屋ではエアウィーブ社の布団が用意されています。

 

出典:じゃらん

【スタンダードダブル】
バスブースはシャワーのみのシンプルでリーズナブルなお部屋です。

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【コンフォートスタンダード】
洋室タイプの3名様までご利用可能なお部屋です。

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【コンフォートデラックス】
ベッドスペース脇に和室があり、最大5名様までご利用可能です。

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【セパレートスタンダード】
ベッドスペースの奥にリビングがあり、2名様でご利用可能です。

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【セパレートデラックス】
ベッドスペースの奥に和室があり、最大4名様でご利用可能です。

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【トリプル】
3名様でご利用可能なお部屋です。

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【プレミアデラックス】
和洋室タイプの5名様まで利用可能なお部屋で、洗面台も複数あるなど、十分なスペースの造りとなっております。

 

彩の庭ホテルでは大浴場もありますが、お部屋のバスルームでも十分に満足することが出来ます。バスルームは一部のお部屋を除き洗い場が独立しており、レインシャワー付きなどハイレベル仕様のバスルームとなっております。

 

「せっかくだから大浴場でのびのびとお風呂を楽しみたい!」

「観光で歩き回って疲れたから、お部屋でゆっくり休みたい…」

 

彩の庭ホテルでは、すべての方にバスタイムを楽しんでいただけます。

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【バスルーム】

 

アメニティ

テレビ、VOD(動画配信サービス/全客室)電話、Wi-Fi(全客室)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー、アイロン(貸出)、加湿器・空気清浄機(全客室)、除湿機(貸出)、携帯電話充電コード(貸出)、変圧器(貸出)、洗浄機付トイレ、石鹸(固形)、ボディーソープ、シャンプー、リンス、洗顔ソープ、入浴剤、ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、ブラシ、タオル、部屋着・パジャマ、スリッパ、金庫

 

チェックイン・アウト

チェックイン 14:00~
チェックアウト ~11:00

 

その他・館内設備等

・全館禁煙(喫煙室あり)
・飲み物、アルコール、軽食の自動販売機あり
・館内インフォメーションコーナーにてパソコン、プリンタ、コピー、FAXの無料利用可能

 

レンタサイクルで再び金沢を巡る旅へ

ホテルのサービスとして、自転車の無料レンタルも行っております。

ホテルで一息落ち着いたらレンタサイクルサービスを利用して再び、金沢の各所を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

風情ある街並みを楽しむ旅もよし、伝統文化・食文化を体験しに出かけるもよし。

 

ライトアップを行っているところもあり、夜のひがし茶屋街や兼六園、金沢駅など、昼間とは違ったロマンティックな姿を楽しめます。

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【無料レンタサイクル/EV充電スタンド】

 

 

ホテルでのんびりする方も退屈しません

各フロアのライブラリーでは、金沢観光に役立つ情報誌や、金沢ゆかりの書籍を楽しめます。

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【ライブラリー】

 

 

お風呂上がりに一階のラウンジで無料ドリンクをいただきながらゆっくりと、金沢彩の庭ホテル自慢の自然を眺めて過ごす時間も悪くありません。

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【大浴場】

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【ラウンジ】

 

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【湯上りラウンジ】

 

 

2017年7月にオープンしたホテル屋上の「白山テラス」にて、石川県の自然遺産である「白山」を眺めてウットリとするのもオススメです。

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【白山テラス_眺望】

 

 

「やっぱり体を動かしたい!」

という方には、無料で利用できる最新機器が取り揃えられたトレーニングルームもあるのでお見逃しなく!

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

【トレーニングルーム】

 

 

地元食材が活かされた金沢を感じる朝食

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

朝食はブッフェ形式で、地元食材をふんだんに用いた、80種類と豊富な数の料理を召し上がりいただけます。

季節ごとの旬の素材が活かされた山海の幸の和洋料理が用意されており、シェフの料理実演もあるなど、味覚だけでなく視覚でも楽しめます。

 

会場は陽の光をたっぷりと浴びられる開放的な空間で、とくに、敷地内の緑を楽しめるテラスでの食事がオススメです。

 

出典:KANAZAWA SAINONIWA HOTEL

 

金沢彩の庭ホテルの朝食は、口コミサイト「TripAdvisor」が実施した『旅好きが選ぶ!朝食のおいしいホテル』のランキングで、2017年・2018年と2年連続で全国5位にランクインしております。

さまざまな方が満足している確かな実力をお持ちの金沢彩の庭ホテルの朝食を、ぜひお楽しみください。

 

夕食については、金沢彩の庭ホテル館内での食事は朝食のみの為、夕食については金沢駅付近を散策するのがオススメです。

(期間限定で夕食付きプランも有り)

 

駅前とホテル間は徒歩で15分程度ですが、21時前後まで送迎バスが運行しているので、ぜひ利用させてもらいましょう。

 

【送迎バス】
ホテル発 最終 20:45
駅発 最終 21:30

 

優しさを感じられるチェックアウト後のサービス

驚いたことに、翌朝のホテルチェックアウト後に利用できる、金沢彩の庭ホテルの無料ロッカーが、金沢駅付近に用意されております。

チェックアウトしたらそこでおしまい、ではなく、その後も金沢観光を楽しんでいただく為の、宿泊客の為を想った配慮が嬉しいです。

 

翌日も金沢を楽しむ方はぜひ活用して、金沢観光を思いっきり楽しみましょう。

 

宿泊料金はいつでも同じ!

金沢彩の庭ホテルでは、全シーズン曜日に関係なく宿泊料金の変動はありません。

 

平日も休日も同じお値段というのは、他ホテルではなかなか見られない斬新な試みで宿泊客にとってはとてもありがたいです。

嬉しい半面、土曜日や連休等は早めに予約が埋まってしまいますので、宿泊を検討される方は早めに予約サイトをチェックすることをオススメいたします。

 

女性には嬉しいスキンケアセット付きのプランなどもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

1名でご利用の方(朝食付き)

・スタンダードダブル 約17,000円
・コンフォート/セパレートスタンダード 約25,000円
・コンフォート/セパレートデラックス 約32,000円

 

2名でご利用の方(合計料金、朝食付き)

・コンフォート/セパレートスタンダード 約25,000円
・コンフォート/セパレートデラックス 約32,000円
・コーナーツイン/ダブル 約35,000円
・プレミアデラックス 約45,000円

 

4名でご利用の方(合計料金、朝食付き)

・コンフォート/セパレートデラックス 約43,000円
・プレミアファミリー 約63,000円
・プレミアデラックス 約67,000円

 

素敵な一夜をお過ごしください

いかがでしたか。

金沢彩の庭ホテルの魅力はお伝えできましたでしょうか。

 

アクティブに金沢観光を楽しみたい方、ホテルでのんびりとゆっくりしたい方、自分へのご褒美に一人で贅沢に、とさまざまな方にご満足いただける素敵なホテルかと思います。

 

ぜひ、金沢彩の庭ホテルで素敵な一夜をお過ごしください。

⇒ じゃらんでご予約される方はこちら

⇒ JR / 航空券とあわせてご予約される方はこちら

⇒ 楽天トラベルでご予約される方はこちら

⇒ 一休.comでご予約される方はこちら

⇒ エクスペディアでご予約される方はこちら

⇒ agodaでご予約される方はこちら