もし浅草デートのホテルをお探しなら。「ザ・ゲートホテル雷門」

 

浅草を巡り疲れた後には、一刻も早くホテルで休みたいですよね。

 

そんな方にオススメなのが

 

「ザ・ゲートホテル雷門」

 

浅草にありながら、浅草の街並みとはまた一味違った空間をお楽しみ頂けるホテルとなっております。

 

⇒ じゃらんでご予約される方はこちら

⇒ JR / 航空券とあわせてご予約される方はこちら

⇒ 楽天トラベルでご予約される方はこちら

⇒ 一休.comでご予約される方はこちら

⇒ エクスペディアでご予約される方はこちら

⇒ agodaでご予約される方はこちら

 

◆街並みとのギャップ、でもそこがいい

 

浅草といえば下町情緒が味わえる、日本を代表すると言っても過言ではない魅力ある地ですよね。

日本人・外国人含め、毎日多くの方が観光に訪れる、素敵な街です。

 

でも雷門・仲見世通り・浅草寺など、一日中歩き回った頃には足もクタクタですよね。女性なら尚更!

そんなときの宿泊先として「ザ・ゲートホテル雷門」なら大丈夫!浅草巡りをする方々の強い味方です。

 

「ザ・ゲートホテル雷門」のオススメポイントはズバリ、浅草の中心にあるということです。

出典元:THE GATE HOTEL KAMINARIMON

 

ホテルの場所はなんと、雷門から徒歩1,2分の距離。正に目の前といった距離ですね。

浅草を一日楽しんでからホテルでゆっくり休むのはもちろんのこと、ホテルに荷物を預けてからの観光や、休憩として一旦ホテルに戻る、等々、この立地だからこそ色々な活用方法が思いつきますね。

 

◆ホテルに入ると別世界。喧騒を忘れてシックな落ち着いた空間へ

立地が良いだけのホテルというわけではありません。

ホテルに入りまず目につくのが、最上階13階に位置するフロントから見られる、スカイツリーの景色です。

大きな窓ガラスから望める景色は、まさに圧巻です。

出典元:THE GATE HOTEL KAMINARIMON

 

部屋の種類も豊富で、リーズナブルに抑えられるシンプルなセミダブルルームから、スカイツリーが一望可能なツイン・キングルームまで、利用者のお好みにあわせての宿泊が可能です。

中にはバルコニーを有するお部屋もあり、特別な気分を味わいたい方はとことん追求出来るとこも魅力的です。

雷門通りでお祭りがあるときには、最高のポジションでお祭りを楽しむことが可能ですね。

【Essential(エッセンシャル)ルーム】

 

【Balcony(バルコニー)キングルーム】

出典元:THE GATE HOTEL KAMINARIMON

 

◆プライベート空間で最高の景色を味わうことも

テラススペースが好評で、ホテル宿泊者専用のプライベートな空間になっています。

この特等席にて、昼間の浅草の街並みを味わうのも良いですし、夜には目の前のスカイツリーがライトアップされ、また違った景色を楽しめます。

ホテル併設のレストラン・バーもあるので、外に出ずともゆったりとした夜を過ごすことが可能です。落ち着いた雰囲気が好きな方とのデートにはうってつけですね。

 

【テラス】

 

【レストラン、バー】

出典元:THE GATE HOTEL KAMINARIMON

 

◆レストラン自慢の味。フェスティバルで東京都第一位を獲得!

朝食にも力を入れており、楽天トラベルが実施した朝ごはんフェスティバルの一位に輝く程の実績です!

日本全国1900以上の宿泊施設がエントリーしている中でのこの実力は、本物です…。

出典元:THE GATE HOTEL KAMINARIMON

 

◆こんなにいいホテルなのに、お値段は安い!5千円代から宿泊可能

いいところ尽くしのホテルですが、なんとお値段も凄い安いのです。

もちろん時期にもよりますが、安いときでは一人5千円程度から、スカイツリービューのお部屋等の良いお部屋も1万円程度から宿泊可能です。

こんなにリーズナブルなお値段で泊まれるならば、浮いたお金でお買い物やお食事を豪勢に出来ると思うと、夢が広がりますね!

 

◆最後に。浅草デートの際には是非のご利用をおすすめ致します。

いかがでしたでしょうか。ザ・ゲートホテル雷門の魅力はお伝え出来ましたでしょうか。

浅草の下町の喧騒と、ホテルの落ち着いた雰囲気のギャップ。デートとしてご利用すれば相手の心も揺さぶられ、ロマンティックな雰囲気を味わうことが出来る素敵なホテルかと思います。

 

雷門のすぐ傍という立地上、人気ホテルなのは間違いないので

浅草デートをご予定されている方は、早めのご予約をオススメ致します。

⇒ じゃらんでご予約される方はこちら

⇒ JR / 航空券とあわせてご予約される方はこちら

⇒ 楽天トラベルでご予約される方はこちら

⇒ 一休.comでご予約される方はこちら

⇒ エクスペディアでご予約される方はこちら

⇒ agodaでご予約される方はこちら